発光ダイオードは今どのような活用法があるか | Web Services Extend

発光ダイオードは今どのような活用法があるか

そもそも発光ダイオードとは

発光ダイオードとはLED(light emitting diode)が正式名称です。一方向に電圧を加えると発光する半導体(導体と絶縁体の中間に位置するもので低温の際絶縁体となり高温の際胴体となる物質)の素子です。半導体は半永久的に使える為付属品の金属等が摩耗し切るまで使えるので非常に寿命の長い発光物質となっています。また、フィラメントを使った電球に比べ熱を出さない為安全でありエネルギー効率も良くなっています。

身近な所で使われている発光ダイオード

当初はリモコンや機械の電源確認等のライトとして使われていました。しかし作り出すのは不可能とまで言われていた青色発光ダイオードを作り出すことに成功しました。三原色が揃い様々な色を作り出すことが出来るようになり、近年では大型ビジョンや信号機等にも使われています。信号機ですが、以前の信号機だと豪雪地帯で上に雪が積もり折れてしまう事故等が起こっていましたが発光ダイオードに変え信号機の雪が積もる上の面積を小さくした為そういった事故も減り安全になったと言えます。

医療の分野でも使われている

医療の場面で発光ダイオードは広く使われています。以前まではとても大きなライトをつけなければ行けなかった胃カメラ等もかなりの軽量化、最小化が進み現在ではカプセルタイプの胃カメラも存在しています。また、発光ダイオードは肌にも作用する働きが見つけられ現在ではニキビによって色を使い分ける治療(青色でアクネ菌の殺菌や赤色で肌の赤みの改善等)も行われているそうです。他にも様々な用途で使われている発光ダイオードにこれからも期待しています。

ledパネルは従来の照明付き看板と比べて消費電力量が少なく、軽量なので扱いやすい利点があります。壁掛けや宙吊りなど、軽さを活かして使用することで効果的な宣伝を行うことが可能です。