リーダーが必要とされる組織で行われているリーダー研修とは? | Web Services Extend

リーダーが必要とされる組織で行われているリーダー研修とは?

リーダー養成というベテランが対象となる研修

研修といえば新人教育なのか、といえばそうとは限りません。ベテランである人たちが受ける研修というものもあるわけで、その内の一つにリーダー研修というものがあるわけです。これはリーダーとなる人材を育成するための研修で、もちろんその対象となるのは新人であるわけがなく、既に業務経験の豊富なベテランである人たちが集められて、リーダーとなるための教育研修を受けることになるわけです。というのも、業務経験が長ければそれだけでリーダーになれる、というわけではないからです。

リーダーもまた教育によって生まれるもの

リーダーというのは、人の上に立って人を指導して人を引っ張って行く役割、を担う人のことを言います。リーダーは日本語では指導者となりますが、よく生まれながらの指導者、ということが言われたりしますが、実はそうした人は本当に稀な人で、多くのリーダーは教育によって誕生しているのです。かつての日本には、師範学校や士官学校というリーダーを育成する学校があって、こうした学校では、指導者となる人材の教育が背門的に行われていたわけです。

組織におけるリーダー養成のための研修

今の日本には師範学校や士官学校というものはなくなりましたが、今でも多くの企業や行政機関などでは、リーダーとなる人材を養成するための研修が行われています。というのも、組織にはリーダーとなる人が必ず必要とされるために、そうした人材を養成しなければならないからです。リーダー研修では、リーダーとして必要とされる指導力や部下の把握力、部下を教育する方法、自分が指導するチームの目標立案や運営方針、といったものについての教育が行われることになります。

社員研修の実施状況は、各企業のシステムにより大きな差がありますが、有名企業の動向に目を向けることが大事です。